NO IMAGE

ホルモン注射歴が長いことによる弊害

ホルモン注射は筋肉注射ですので、筋肉にぶっさすわけですが 痛いです!!!!wwww 子供の頃から注射にも動じないタイプではあったんですが、さすがに筋肉注射は痛いんですよね。 それも、毎回痛みが違うんですね…

NO IMAGE

男性ホルモンと内臓

でも半年経って尿酸値が少し上がり、その半年後また上がり、ついに一年半後、これマジで痛風5秒前みたいな数値がwwwwww ちなみに女性はほぼ痛風にはならないんです。簡単に言うと女性ホルモンが尿酸を輩出するような働きがあるから。ぼくも元々女の身体だし、ならないでしょ!と思ってたけど、なるんだね!!!!(笑)

NO IMAGE

もっと自由に下ネタを。

その場でじっとするって苦手だし、時間の無駄じゃんと思ってしまうので。 セックスひとつとっても、時間をかけてセックスまで持っていく、みたいなことを正義とは思ってないです。セックス自体はゆっくり時間をかけてしますけどw 日程的な意味で。今日、今できるなら、今すればいいじゃん。と思う。

NO IMAGE

お元気ですか?

何で素直に喜ばないの? 今日は連休明け初めての月曜ですね! ぼくはお休みをいただいてホルモン注射を打ちに病院へ行ってきました! 朝10:30頃に家を出ると、近くの中学生たちが制服を着て歩いていたので 『あら!!学校始まったのかな!(^^)!』 と嬉しくなったんです。

NO IMAGE

地味に性同一性障害だとバレる項目

絶対にバレたくないFTMの方にとっては参考になるかもしれないですが、思ってもみなかったことでバレた笑い話として楽しんでいただけたら幸いです。 喉ぼとけ、ある!? あ、ぼく双子です。一卵性の。 まとめ

NO IMAGE

映画『キャロル』を観ました

『キャロル』という作品 この作品は2015年にアメリカで公開された映画です。 時代背景は1950年代。いきなり余談ですが、ぼくはこの1950年代ってすごく好きです。便利な時代にはなっているものの、それでも少しの不便さを残している感じがとても好きです。

NO IMAGE

ぼくを変えた『LOVE MY LIFE』

でも、またこの映画のエリーのセリフに救われたんです。 『ねぇいちこ。よーく考えると、この世界は一番嫌なもののおかげで成り立っていると思わない?』パパの恋人に会ったいちこにエリーが語り掛けるセリフです。 いちこは、自分がいなければパパの恋人はパパを独占できたかもしれないから、もしかしたら彼は自分を憎んでるのかもしれないってエリーに言うんです。

スポンサーリンク